column一覧

教養ある、英知ある道徳的人格者「人間」~いじめとパワハラ、モラハラ問題~

ブラック企業の代名詞「パワハラ」。過労死問題も加わり、社会問題として大きく取り上げられてきました。しかし、この「パワハラ」に代わって台頭してきたのが「モラハラ」。今回は「モラハラ」、そしてその背景にある「いじめ」という人間としての本質についてお伝えします!

この乱れた世の中に清廉の花を咲かす~出光興産創業者、出光佐三氏~

金がすべて!金があれば、何でも手に入る!そんな風潮があるのは、ご存知の通りです。でも、明治から昭和初期、そうではない大人物が日本には多かった、そう言えるのかもしれません。今回は明治から昭和初期にかけて、あらゆる規制に立ち向かった人物、その信念や考え方についてお伝えします!

心惹かれる、未知なる世界~リーマン予想とは?~

「リーマン予想」ってご存知でしょうか。歴代天才数学者が挑み続けた難題、素数の謎です。素数と言えば、小学校の頃、習いましたよね。割り切れない素数は「数の原子」とも言われています。その素数、実は宇宙の謎につながっている・・・と言われています。今回はそんな魅力的な素数の謎、「リーマン予想」についてお伝えします!

為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり~財政改革成功事例~

もうどうにもならない!破綻しかない!、そんな国家や地方公共団体は後を絶ちません。企業もそうかもしれません。赤字が続き、倒産の危機。行政の財政改革と企業財務改革、重なる部分も多いのではないでしょうか。今回は行政の財政改革の成功事例を3事例取り上げてみたいと思います!

「効率化」「仕組み化」を促すIT化、その最大の効用とは?!

立ち上げたベンチャー企業が成長しない?!規模が大きくならない?!なぜ?!このようなベンチャー企業は後を絶ちません。例え、優れた創業者が持ち前のバイタリティーで立ち上がりが無事成功しても、「次の段階」で成長しない、というベンチャー企業が多いのもまた事実です。今回は「IT化」の効用、メリットについてお伝えします。

創業者の想い、それは、企業そのものを映し出す~中小向け経営コンサルティング企業から学ぶ~

あらゆる組織は、そこに立ち上げた創業者の「強い想い」があるものではないでしょうか。その「想い」が、今の組織を創り上げている、過言ではないかもしれません。今回は、中小企業、ベンチャー企業を支える「経営コンサルティング会社」、株式公開3社にスポットを当ててみたいと思います!

「想像」を超える「創造」~ダイバーシティ経営~

多様性(ダイバーシティ)は本当に必要でしょうか?軍隊は1つの価値観で統制された組織で運営されていますよね。競争激しいビジネス社会で打ち勝つには軍隊組織のような企業が強いという意見もあります。今回は多様性、ダイバーシティについてお伝えします!

未来の可視化~労働生産性向上と見える化~

可視化って何でしょうか?見える化って?経営における「見える化」。昨今、様々なメディアにも取り上げられています。そもそも可視化には意味があるのでしょうか。どんな効果があるのでしょうか。今回は「見える化」とはどういったものか、具体的にはどのように進めていくのか、「見える化」についてお伝えします!

磨き合い、高め合う。~石森章太郎とトキワ壮~

ベンチャー企業が狙うべきニッチな市場。ニッチな市場であるが故、なかなか市場が拡大しないことが多々あります。マーケットリーダー企業自らの成長不足も一つの要因かもしれません。しかし、ニッチな市場を拡大させ、かつ、自らの成長を促す方法があるものです。今回はあるヒーロー、そしてその出演する若き俳優陣、さらにはその原作者から学んでみたいと思います!

やってみなはれ~ワンマン経営とボトムアップ経営~

「ワンマン経営」はご存知でしょうか。社長1人が他の社員など周りの意見を聞かず、独裁的な経営を行うことですね。独裁的な経営を行っていること自体、自覚がないケースもあります。でも、一概にはすべてを否定することはできません。メリットもデメリットもそれぞれ存在しています。今回はトップダウン経営とボトムアップ経営についてお伝えします!

マイナスをプラスに。~トラブル対策~

マネージャーにとってトラブル報告書は見たくないものの一つかもしれません。なかには怒鳴り散らすマネージャーもいらっしゃるかもしれません。クレームもそうです。特にクレーマーからの「ご意見」は頭が痛いものではないでしょうか。今回はトラブルやクレームに対する考え方についてお伝えします!

2017年版「中小企業白書」を個人的視点で要約してみた!

ベンチャーは中小企業?そうです。ベンチャー企業も、その多くは中小企業です。日本の企業の大半は中小企業が担っています。中小企業の現状が、日本の経済を映し出す、そういっても過言ではないでしょう。中小企業、今の最大の課題とは?今回は中小企業白書2017年度版を振り返ってみました!

人間が人間として生きていくのに一番大切なのは、頭の良し悪しではなく、心の良し悪しだ!~稲盛和夫~

「正義」とは何でしょうか?「正義」なんて言葉は、時代や立場が変われば、まったくことなるものではないでしょうか。胡散臭い言葉、と考える人も多いのでは?昨今、個人投資家が増加し、資本は「個人」という1点に集中している世の中とも言われています。何が正しいのか、組織運営として、何をどのように考えるべきか。今回は「蓄積し続ける企業」についてお伝えします!

一番大切なことは、一番大切なことを、一番大切にすることである。~捨てる技術~

「捨てる技術」とは?何をどのように捨てるべきでしょうか。私たちは日々、忙しい毎日を送っています。あれも、これも。気が付けば、身の回りには不必要なものが溢れていませんでしょうか。それだけではありません。余計なものに気を取られることで、私たちの最も重要な「思考」にも大きな影響を与えてしまいます。今回は、ハイパフォーマンスな人が意識している「捨てる技術」についてお伝えします!

今を生きる~マインドフルネスの効用~

ストレス社会。満員電車やギスギスした職場など、現代社会は多くのストレスに溢れています。うつ病などの精神疾患患者も増加し、職場にはメンタル不調者が増加しています。そこで、注目されているのが「マインドフルネス」。今回はビジネスにも効果のあるとされる、マインドフルネスについてお伝えします!

年齢や性別は関係ありません。人の数だけ、事業の数があるのではないでしょうか。~ベンチャー企業とは~

ベンチャーキャピタリストの視点から見た優良ベンチャー企業とは!成功したベンチャー企業から見た、優良ベンチャー企業を一部ご紹介いたします。最近は学生起業家、女性起業家、定年退職した方の起業なども増えています。今回はベンチャーキャピタリストの視点から見た、ベンチャー企業の成功例などをご紹介いたします!

これからどんなことが起こるかを考えるほど不安になる。どんなことを起こしたいかを考えるほど楽しくなる

会社の業績と個人の幸せって両立可能?!一見、相反する内容かもしれません。売上を上げるためには厳しい言葉もありがちです。でも、そうではない方法があるのではないでしょうか。今回は大企業の組織と社員個人の幸せについて、そしてベンチャー企業がイノベーションを起こすためには、何が必要なのかについてお伝えします!

人生には無駄なことも損なこともありません。すべての経験があなたの中に積み重なっていくんです。

春は出発の季節。でも、なかには足踏みした方もいらっしゃるかもしれません。受験浪人、私もそうでした。無駄な一年、そう悩んだ時期もあります。でも、その無駄は無駄ではなかった。振り返ってみると非常に貴重な時間でした。今回は無駄な時間、無駄とは何かについてお伝えします!

最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。~チャールズダーウィン進化論~

「諸行無常の響きあり」とあるように、世の中は変わり続けています。紙媒体の新聞各社、週刊誌や雑誌業界も紙媒体は低迷しています。では、どうすればいいのでしょうか。今回は7万人以上という大組織を見事改革を実現させた事例についてお伝えします!

RSS
Follow by Email