column一覧

ニュースやコラム、新技術や新サービス、ビジネスノウハウなどをわかりやすく解説!

世界と向き合う!本当の意味で「世界の土俵に立った」新生・森保ジャパン!

1月28日、アジアカップ準決勝で、日本はイランに3-0で快勝しましたね!前半は0-0の折り返し。ラッキーゴールもありながら、見事勝利しました!2大会ぶり5度目の優勝を目指す日本代表は、いよいよ2月1日のファイナルでカタールと対戦します。楽しみですね!それにしても、当初低評価だった森保ジャパン。なぜ、こんなに強くなったのでしょうか。

限りある人生、限りなく広い世界~様々なバイト経験のススメ~

学生にとって、受験の時期ですね!受験が終わると卒業式。そして、春が来ると新しいスタートを切る方も多いのかもしれません。新しい会社、新しい学校、新しい職場、新しい職種などなど。気持ちも新たに、さらなる成長を実現すべく、チャレンジする時期でもあるかもしれません。今回は、学生の方向けに「様々な経験」をする重要性についてお伝えします!

世界は、驚きと楽しさに満ち溢れている!~子供の学力と知的好奇心~

知らないことを知った時、何かワクワクした記憶はありませんでしょうか。ああ、そうだったのか!何か嬉しいような、楽しいような感覚。知らなかったことを知ること。人生における楽しさにもつながるようにも感じます。今回は子供の教育問題から「知的好奇心」についてお伝えします!

健全なる身体に健全なる精神が宿る!~アシックス(ASICS)創業者鬼塚喜八郎氏の「キリモミ人生」とは?~

スポーツ用品メーカーのナイキ(NIKE)はご存知でしょうか。スポーツをしている人に関わらず、多くの方は知っている、超有名ブランドですよね。そのナイキという企業に大きな影響を与えた日本人がいるのです。それが、鬼塚喜八郎氏。そうです、あのアシックス(ASICS)創業者ですね。今回はアシックス創業者、鬼塚喜八郎氏の生き方についてお伝えいたします!

ユニコーンって何?和製ユニコーンが、世界を変えるために必要なものとは?~野球とサッカーから考察する起業家育成~

「ユニコーン」って知っていますか? そうです、一角獣ですね。 今、ベンチャーで「ユニコーン」なる企業が世界を席巻してきています。 今回は「ユニコーン企業」とは何か、日本におけるユニコーン企業数拡大策案についてお伝えします!

「生きる目的」の見つけ方~好きなことができる幸せとは?~

私たちは、なぜ生きているのでしょうか。そもそも生きることに、目的ってあるのでしょうか。漠然と、そんなことを考えたことはありませんか?日々の生活に追われて、改めて自分の人生って何なのか、考える時間もない、という方も多いのではないでしょうか。今回は生きる目的・人生の目的について、そのヒントについてお伝えします!

古くて新しい金融革命家!?~二宮金次郎から見えてくる日本の民主主義~

学校の校庭でよく見かける二宮金次郎の銅像。昨今は撤去する事例が増え、二宮金次郎を知らない方が増えているそうです。でも、この二宮金次郎。実は最先端の金融革命の思想を江戸時代に実行していた、まさに合理的・革命的事業家の側面があるのです。今回は二宮金次郎から見えてくる、日本の民主主義の原点についてお伝えします!

稲盛和夫氏のアメーバ経営!そのアメーバ経営に不可欠なものとは?

アメーバ経営ってご存知でしょうか。京セラ創業者の稲盛和夫氏が考案した経営手法の一つです。京セラは弱小のベンチャー企業から、日本を代表する企業にまで成長、その過程で実体験で培って編み出したものです。京セラ以外にも、1984年に創業されたKDDI(au)、日本航空(JAL)の再建にも効果を発揮しました。今回はアメーバ経営、そしてそのアメーバ経営に不可欠なものについてお伝えします。

結果が出ないことを続ける!?~時間管理マトリックスから優先順位を考える~

目の前の仕事に忙殺される毎日。やらなければならないことが山のようにある、忙しい日々。でも、それは本当にやるべきものでしょうか?一日は24時間、一年は365日、限られています。何を優先にし、何を捨てるのか、この取捨選択は企業の未来も、人生をも大きく変えてしまいます。今回はタイムマネジメントの取捨選択、優先順位に対する考え方についてお伝えします!

どの企業よりも、多くの個性を生かし切る~ダイバーシティ経営と障害者雇用~

人材不足が本格化。注目されているダイバーシティ(多様化)経営は本当に組織を強くするものでしょうか。トラブル増加、組織力低下、一体感欠如、などデメリットも多く聞かれます。しかし、多くのメリットもある、それがダイバーシティ(多様性)かもしれません。今回はダイバーシティ経営の中でも障害者雇用に焦点を当ててみました。

倒産は怖くはない!~企業倒産とは?~

倒産したら自殺するしかない・・・。起業家、ベンチャー企業経営者にとって倒産は最悪の事態の象徴とも言うべき言葉かもしれません。そもそも倒産とはどのようなものでしょうか。今回は「倒産」にスポットを当ててみました!

強い「信念」と柔軟な「変化」~永守重信氏の真骨頂~

たった4人の会社から10万人企業に成長させた、現役の偉人、永守重信氏。「すぐやる、必ずやる、できるまでやる」といった熱意ある言葉が有名ですが、実は多くの変化を柔軟に受け入れてきたことはご存知でしょうか。今回は日本を代表する日本電産を創り上げた、永守重信氏の成功の秘訣についてお伝えします!

RSS
Follow by Email
Facebook
Twitter