Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【人生に夢があるのではない。夢が人生を創るのだ!】イーロン・マスクの夢とは?


スティーブ・ジョブズは、iPhoneや映画業界と、2つの業界に革命を起こしました。

しかし、スティーブ・ジョブズの上をいく、3つの業界に革命を起こそうとしている人物がいます。

それが、天才起業家、イーロン・マスク(Elon Musk)です。

映画「アイアンマン」主人公、天才発明家、天才起業家のトニー・スタークのモデル!と言われています。

今回は天才起業家、イーロン・マスクから、夢の実現に向けたメッセージをお伝えします。



いじめられっこだったイーロン・マスク

天才起業家、イーロン・マスク。

生み出したベンチャー企業は5社にも及び、ほぼすべて成功させています。

しかし、幼かった頃、実はいじめられっ子だったようです。

信じられませんね。

少し生い立ちについてみてみましょう。

イーロン・マスクは1971年、南アフリカ共和国の首都プレトリアで生誕。

エンジニアの父は厳しい方だったようです。

そのためか、学校では内気な性格でいじめにもあっていたそうです。

読書が大好きで、科学小説やエジソン伝記などの本を好んでいたようです。

ただ、読書量と記憶力は群を抜いていたと言われます。

その後、コンピューターに興味を持ち、10歳頃には独学でプログラミングをマスターします。

12歳の頃には自作の対戦ゲームソフトを数百ドルで売ったというエピソードもありました。

この頃から才能を発揮し始めます。

17歳になり、アメリカへの夢を抱き、両親の反対を押し切って母親の親戚が住むカナダ、トロントのクイーズ大学に進学。

しかし、アメリカ行きを諦めきれず、米ペンシルバニア大学へ編入し、経済学と物理学の学士号を取得。

さらにカリフォルニア州スタンフォード大学大学院に進学、高エネルギー物理学研究に身を投じました。

大学院を2日で退学!1社目の起業「Zip2」

スタンフォード大学大学院に進学した頃、インターネットブームが到来します。

イーロンはスタンフォード大学大学院を2日で退学し、弟と友人3人でベンチャー企業を創業します。

会社名は「Zip2」。

メディア関連企業のオンライン化をサポートするソフトウェアの事業でした。

クライアントではニューヨーク・タイムズ紙や、シカゴ・トリビューン紙といった大手新聞社で、そのオンラインサービス化などを実現しています。

ベンチャーキャピタルから約360万ドルの資金調達を受け、その後「Zip2」は大企業コンパックに3億ドル強で買収されます。

イーロンは「Zip2」の株を7%保有していたため、28才にして3,400万ドルの資産を手にしました。

イーロン2社目の創業!世界的大企業「PayPal」を生み出す!

イーロンは1社目の創業、「Zip2」社で大金を手にしたのち、2社目ベンチャー企業「X.com」を立ち上げます。

オンライン金融サービスと電子メールによる支払いサービスの事業でスタート。

1年後にコンフィニティ社と合併し、現在の「PayPal」社となりました。

これが、かの有名な「PayPal」(PayPal Holdings Inc.)です。

ネットショッピングを中心としたクレジット決済、送入金の仕組みなどを世界中に広め、ネット決済において欠かせない存在にまで成長しています。

その後、PayPal社はオークション会社eBayに15億ドルで買収され、イーロンは1億6,500万ドル相当の資産を手にしました。

イーロン3社目の創業!火星移住計画?!「スペースX」創業!

イーロンは宇宙に深い関心を抱いていたようです。

イーロンのすごいところが、夢を夢で終わらせないところです。

3社目のベンチャー企業が「スペースX」、正式名称「スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ」(Space Exploration Technologies Corp.)です。

この会社の設立目的が、なんと火星移住計画!

天才起業家イーロンは火星移住計画に向けて現実的なところからスタートします。

まずは宇宙輸送ロケットの開発製造。

設立から6年、民間企業として初めて液体燃料ロケット「Falcon1」を地球の周回軌道に乗せています。

そして2010年にはアメリカ航空宇宙局(NASA)と提携、他の惑星への宇宙飛行を目指す大型2段型ロケット「Falcon9」の軌道投入にも成功しています。

イーロンは「20年以内に人類を火星に移住させたい」と語り、今でのその夢が実現に向けて動いています。

イーロン4社目の創業!TOYOTAも認めた電気自動車「テスラ」!

イーロンは「スペースX」を立ち上げた翌年、2003年、電気自動車ベンチャー企業「テスラ」(Tesla, Inc.)を創業します。

「テスラ」は、次世代型のデザイン性にも優れた電気自動車を開発しています。

2008年3月、100%電動である高級EVスポーツカー「テスラロードスター」を発売。

2010年、日本のトヨタと共同開発を行う業務提携を結び、TOYOTAもその実力を認めています。

全産業の中でも有数の市場規模を誇る自動車産業。

イーロンはこの膨大な市場に革命を起こそうとしています。

世界中にテスラ製の電気自動車が走る日も近いかもしれません。

最後に

イーロンは、テスラ子会社として太陽光発電事業も設立し、会長としても活躍しています。

つまり、イーロンは現在3つの事業のかじ取りを行っているのです。

すごいですね。

イーロンは、「PayPal」社でネット決済業界で革命を起こし、「スペースX」では宇宙業界、「テスラ」では自動車業界での革命を起こそうとしています。

いじめられっ子だったイーロン。

読書が大好きだったイーロン。

幼かった頃、イーロンを支えたのは、自分の「夢」だったのかもしれません。

イーロンは今、世界中の人たちに夢を与えているのかもしれませんね。

最後にイーロンの名言を贈ります!

アイデアを実行することは、アイデアを思い付くより難しい

失敗なんてひとつの選択肢にすぎない。失敗することがなかったら、どうしてイノベーションを起こせるだろう?

自分が本当に大切だと思えることなら、たとえ周りから何を言われようと最後までやり抜くことだね

リーダーや経営者にとって必要なものとは何でしょうか。私は、明るい未来を信じられる仕事を創ることだと思います

イーロン・マスク(Elon Musk)



【お願い】大変恐縮ですが、もし差し支えなければ、Facebook、twitter、はてなブックマーク等でシェアいただけますと幸いです(*^^*)宜しくお願い申し上げますm(__)m

RSS
Follow by Email
Facebook
Google+
http://atuiomoi.net/post-234">
Twitter