削られたら削りかえす、怒鳴られたら怒鳴り返す!~吉田麻也(サッカー)名言集と軌跡~


新しいことに挑戦、チャレンジする人を応援したい。

私達日本人一人一人が、50cm前に一歩進むと、地球一周分に匹敵するのです。

それが、私の50センチ革命。

一人一人の個人が、一歩前に進むこと。

これが、新しい未来を生み出すのではないでしょうか。

元気になれる名言や格言、言葉や発言を「人物」にフォーカスしてご紹介いたします。

目の前にある、小さなものでも構いません。

新しい一歩を!

過去と他人は変えられない。

変えられるのは自分と未来だけです!

■吉田麻也(サッカー)名言集

2人の兄達がサッカーをしているところに混ぜてもらったのがキッカケといえばキッカケです。小学校2年のとき、地元長崎市でサッカーを始めて、小学校6年のときに名古屋グランパスのユースセレクションを受けたら合格してしまったので、愛知県に引っ越してきたんです。最初の頃は、その練習内容に驚きましたね。今でも鮮明に覚えてます。初練習の日に、コーチが「リフティング500回からやろう!」って(笑)。

僕がそうだったんですけど、中学からずっとグランパスを見てて、ほぼ毎試合ホームに行くんですよね。下部組織の子たちっていうのは。で、やっぱりその(クラブの)選手、下部組織出身の選手に憧れるっていうのがあって。『いつか自分もここに立ちたい』ってなるんですけど、それが自分のクラブ愛であったり、地元愛だったり、色んなものに繋がってくるんですよね。

あの頃はこんなに時間があるときだからこそと思い、自分自身と対話をしていた。部屋の電気を消し、テレビもネットも全部切って自分に話しかける。「ケガが治ったらどんな選手になりたい?」「そのためには今何が必要か?」「日本代表に入るためにはどんなアピールをするべきか?」と、お題を挙げればきりがない。仲間とバカ話をするのももちろん好きだ。でも、自分と対話することで、思考がしっかりとまとまる。今でも時間があると、僕は自分と対話する。目標が明確になり、その目標へ向かってアプローチができるようになるからだ。

カズヨシ・ミウラ……。僕らが『キング』と呼んでいる彼が、門を開いた。そして中田英寿は物事を変えた。彼は日本人で初めてトップ・オブ・トップに辿り着いたと思っている。当時のセリエAは世界のトップで、彼はローマでリーグ優勝もしているから。彼は多くの日本人選手たちを奮い立たせ、10年後に彼のことを見てきた選手たち、僕や本田、長友のような世代がヨーロッパに渡った。

たまたまカズさんの記事を読んだんです。記事には、カズさんは当時15歳の時にブラジルに渡って、お母さんに手紙を送るっていうことが書いてありました。それを読んだ時に、カズさんは日本と連絡するのに1ヶ月もかかるんだなと思って。それに比べたら、僕なんかは連絡を取ろうと思ったらすぐに取れる状況でしたので、自分がどれだけ恵まれているのかということを感じるとともに、自分がどれだけ甘えていたかを感じて、すごく頑張れましたね。

目標から逆算して、今やるべきことを考える。

調子がいいときも、悪いときも変わらずにいてくれる人が宝物。僕の人生は出会いに恵まれていると思う。幼なじみ、三好の母、チームメイト、スタッフ……と書きだしたらきりがない。僕はほかの選手と比べると、サッカーがめちゃくちゃうまいわけでもない。でも人に恵まれる運だけは、ケタはずれに大きなパワーを持っている……はず(笑)

”夢は大きく志は高く”父からの受け売りだけど、これが僕の座右の銘。チャンピオンズリーグもワールドカップも、容易ではないことは承知している。でも必ず達成してみせる。ここで公言したんだから、もうやるしかない。

もしも生まれ変わったら、俺、絶対にFWをやるよ……。

僕は自分のクオリティを見せていかなければならない。もし人々がこれを成功だと呼んでも、僕にとっては十分ではない。僕は自分がプレミアリーグで唯一の日本人選手であることを知っている。イングランドでプレーしようとする日本人のパイオニアになりたい。しかし、50試合、2得点――カップ戦も含めれば3点では十分ではない。次に訪れる日本人選手にとって、より高いハードルを作っていきたい。プレミアリーグでの成功は、他の日本人選手に道を示すために役立つ。うまくプレーする必要がある。自分の成功は、アジアのディフェンダーの成功だ。もし僕が成功を収めたならば、イングランドのチームは『日本やアジアのディフェンダーは我々にとって役立つ』と考えるだろう。それが自分の仕事だと思っている。

イングランドではキックが下手でも、みんなFKを蹴りたがるんですけどね。

サッカー選手の弱点でもあるのだけど、練習ばかりに追われて異業種との交流が極端に少ない。僕は入団当初からムズムズしていた。井の中の蛙になりたくない。何より、サッカーバカと周囲から思われて常識がないと思われるのが一番イヤだ。

図太さは、一流の選手には不可欠だということですね。

入団会見で「いじられキャラとしての地位を築きます」声を張り上げて宣誓した。そのとおりチーム内で、またたく間にいじられるようになる。このポジションを確立するコツは、まずはベテランに自分から絡んでいくこと。先輩だからって尻ごみをするのではなく、ありのままの自分を見せればいいだけだ。当然、下っ端だからからかわれるようになる、イコールいじられキャラが周囲に浸透していく(ベテランの影響力は大きいからね!)。真面目なことを言えば、先輩たちからより多くのことを吸収しようという意気込みもあった。得るものが同年代と過ごすよりも、断トツに多かったからだ。

最初はだれも僕を知らず、日本のDFに対する評価は本当に低かったから、多くを納得させなければいけなかった。でも、そういう挑戦を本当に楽しんだし、今も楽しんでいる。

自分が好きで始めたことだからこそ、とにかく夢を持つことだと思います。そしてその夢をかなえるために必要な目標を1つ1つクリアしていくのがコツといえばコツですかね。

削られたら、削りかえす。怒鳴られたら、怒鳴り返す。そうやって、こいつにはかなわないと思わせる。

■吉田麻也(サッカー)とは?

吉田麻也。

1988年生まれ、長崎県長崎市出身。

元プロ野球選手の下柳剛は叔父にあたる(吉田の母の弟)。

「麻のように揉まれれば揉まれるほど強い男になってほしい」という両親の想いで「麻也」と名付けられる。

小学校2年生のとき、地元長崎市の南陵FCでサッカーを始める。

小学校6年生の時に兄が見つけた名古屋グランパスのユースセレクションを、家族で名古屋を訪れるついでに受験。

家族はもとより本人も合格すると思っていなかったが合格したため、愛知県みよし市に移住。

その後、近隣の豊田高校普通科に進学。

この時代はキャプテンを務め、選手としてもボランチとして攻守にわたって支える、チームの要といえる存在であった。

2006年の全日本ユースではチームを牽引して準優勝に導き、2007年に長谷川徹、福島新太、新川織部とともにトップチームに昇格した。

高校卒業後の2007年に早稲田大学人間科学部通信課程に入学している。

2019年に同大学を卒業。

2007年シーズン開幕前、古賀正紘・秋田豊・角田誠等が退団し、層が薄くなったセンターバックにコンバートされ、第9節大分トリニータ戦で初出場を果たした。

2008年シーズン、就任したストイコビッチ監督の信頼を受けて序盤はバヤリツァとともにセンターバックのレギュラーとしてチームを支えた。

7月14日には北京五輪代表に選出。

グランパスではシドニー五輪にオーバーエイジ枠で出場した楢崎正剛を除けば初のU-23日本代表への選出であった。

2009年12月21日、若手中心のメンバーで臨む方針だったアジアカップ最終予選・イエメン戦に向けたフル代表に初招集され、この試合でフル代表デビュー。

2009年シーズンは引退した大森征之から背番号4を受け継ぐ。

25試合に出場し、名古屋DFの軸として活躍した。

シーズン終了後の12月28日にオファーを受けたオランダのVVVフェンローへ完全移籍した。

VVVフェンローに移籍して間もない1月10日のマーストリヒトとの練習試合で左足首を骨折し、09-10シーズンは出場がなかった。

新シーズンより背番号を28から3に変更。

2010年10月30日の対フローニンゲン戦の後半途中から出場し、これがオランダでのデビュー戦となった。

試合は3-5で敗れたが、初アシストを記録した。

しかし、シーズンを通してレギュラーに定着きれず20試合の出場に終わった。

2011年1月9日、日本代表ではグループリーグ第1節・ヨルダン戦の後半アディショナルタイムに代表初得点を記録[1]。2011年9月2日に行われた3次予選第1戦北朝鮮戦(埼玉)の後半アディショナルタイムに決勝点を決め、チームの勝利に貢献した。

2011年9月11日に行われたリーグ第5節PSVアイントホーフェン戦ではジャンピングボレーで一時勝ち越しとなるゴールを決めた。

このゴールはオランダ放送協会(NOS)で放映されているサッカー情報番組「NOS Studio Sport(オランダ語)」において視聴者投票による「シーズンベストゴール」第1位となった。

2012年3月3日、リーグ第24節NACブレダ戦ではチームメイトのカレン・ロバートとのアベックゴールにより2-1で勝利を収めた。

この年は初めてシーズン通してレギュラーとしてプレー。

50年ぶりの4連勝も記録し、チーム2位の5得点を挙げて残留に貢献した。

2012年8月30日、イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンへ完全移籍。

9月15日のアーセナル戦で途中出場し、プレミアリーグ初出場を果たした。

その後もシーズン通してレギュラーの座を確保した。

2013年1月30日、プレミアリーグ第24節マンチェスター・ユナイテッド戦では相手の香川真司と共に先発出場し、プレミアリーグ史上初の日本人対決を実現させた。

2014年2月22日、プレミアリーグ第27節のウェストハム戦にフル出場してリーグ戦で初ゴールをきめた。

しかし、2013-14シーズンはこのシーズンから移籍してきたデヤン・ロヴレンに出番を奪われる形で、開幕からリーグ戦の出場機会には恵まれず、同年3月には練習中に左ひざ靭帯を損傷し戦線離脱となり、シーズン中に復帰はできなかった。

2015年1月2日にサウサンプトンと2018年シーズン終了までの契約延長に合意。

2014-15シーズンはトビー・アルデルヴァイレルトにセンターバックのポジションを奪われる形で、本職ではないサイドバックでの起用も増えた。

ロナルド・クーマン監督からは「違うポジションでもできる選手がいるのは幸運なこと」と称賛された。

2015-16シーズンは、2015年9月にフィルジル・ファン・ダイクが新加入した影響でセンターバックとして出場する機会が減った。

9戦ぶりに先発出場した第25節ウェストハム戦では決勝点を挙げ、無失点にも貢献するも、その後も出場機会には恵まれなかった。

2016-17シーズンは、年が明けた1月1日のWBA戦からスタメンに定着。

7日のFAカップ3回戦ノリッジ・シティ戦では父親になってから初得点をあげた。

11日EFLカップ準決勝のリヴァプール戦では無失点に抑えて地元紙で高評価を得た。

また、18日に行われたFAカップでのノリッジ・シティとの再戦ではキャプテンとしてフル出場。

21日、チームキャプテンであり吉田とCBの定位置を争っていたジョゼ・フォンテが移籍してからはレギュラーとして定着する事となり、22日、岡崎慎司との日本人対決となったプレミアリーグ第22節レスター・シティ戦では、ファン・ダイクの負傷交代後にアームバンドを巻いた。

2月26日、EFLカップ決勝戦ではマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、先発出場で接戦の末2-3で敗れたものの、大会ベストイレブンに選ばれた。

4月5日、第31節のクリスタル・パレスFC戦では逆転弾となる今季初のリーグ戦初得点を決め、試合後にはクロード・ピュエル監督から「マヤはサウサンプトンの将来でもある」と絶賛された。

4月29日、第35節のハル・シティAFC戦では日本人選手として初のプレミアリーグ100試合出場を達成した。

シーズン終了後、DFラインを共に組んだジャック・スティーヴンスから「マヤは僕にとって素晴らしい存在だった」と称賛され、地元紙『デイリー・エコー』の主催するサウサンプトン年間最優秀選手投票では2位となり、「吉田は今季セインツで成長を遂げた。ジョゼ・フォンテの移籍とファン・ダイクの長期離脱の後、センターバックの頼みの綱となった」と評価された。

2017年3月23日、2018 FIFAワールドカップ・アジア3次予選のアラブ首長国連邦戦では怪我で離脱した長谷部誠に変わってキャプテンマークを巻いた。

その後も長谷部不在時にはキャプテンを務めるなど存在感を示し、日本代表で唯一W杯予選の全試合に900分間フル出場する事で、2018 FIFAワールドカップ出場へ貢献した。

フルタイム出場はフィールドプレーヤーでは2010 FIFAワールドカップ・アジア予選の田中マルクス闘莉王以来の記録である。

2017-18シーズン、プレミアリーグ第2節ウェストハム戦にて試合終了間際にPKを獲得し、これが決勝点となってチームを勝利へ導いた。

自身の誕生日でもある8月24日に2020年まで契約延長したことを発表した。

開幕戦からレギュラーとして活躍し、開幕月となった8月のクラブ月間MVPを獲得した。

9月30日、第7節のストーク・シティ戦で今季初得点をきめた。

これらの活躍が評価され、イギリスの月刊サッカー雑誌、フォーフォーツーが選ぶ開幕10試合時点のプレミアリーグのトップ10選手一覧に8位で名を連ねた。

12月13日のレスター・シティ戦ではシーズン2得点目を決めた。

なお、対戦相手の岡崎慎司も2得点しており、この試合はプレミアリーグの歴史で初めて複数のアジア人選手が得点した試合となった。

年明け後は左膝の負傷により戦列を離れる機会が多くなり、チームの調子も低迷。終盤には戦列に復帰し、チームのプレミアリーグ残留に貢献した。

冬の移籍期間最終日である2020年1月31日にセリエA・UCサンプドリアへ半年間のレンタル移籍で加入。

3月8日、ホームのセリエA第26節エラス・ヴェローナ戦でセリエAデビューを果たした。

6月30日にレンタル元のサウサンプトンとの契約満了を発表し、サンプドリアとは、シーズン終了までの短期契約を結んだ。

7月12日、セリエA第32節ウディネーゼ戦でセリエAでの自身初アシストを記録した。

2019年11月14日、日本代表では2022 FIFAワールドカップ・アジア2次予選のキルギス戦で日本代表では8人目となる国際Aマッチ100試合出場を達成。

2020年4月、イギリスメディアの選ぶ21世紀の日本代表ベスト11に選ばれた。

2020-21シーズン、2021年1月24日、セリエA第19節のパルマ戦でセリエA初ゴールを決め、チームも勝利した。

RSS
Follow by Email