ページ 3 | 2,000社以上訪問!東証一部上場ベンチャーキャピタリストの熱い想い!

一覧

いまこそチャンスだ。よし、明け方に飛び出そう!

麻雀で風牌は役牌にもなり、役満にも成り得える実に攻撃的な牌だと言われています。麻雀では「風」を読むこと、非常に重要かもしれません。「いい風に乗る」、これは麻雀に限らず、起業や事業経営においても同じかもしれません。今回は「風」についてお伝えします!

未来の可視化

可視化って何でしょうか?見える化って?経営における「見える化」。昨今、様々なメディアにも取り上げられています。そもそも可視化には意味があるのでしょうか。どんな効果があるのでしょうか。今回は「見える化」とはどういったものか、具体的にはどのように進めていくのか、「見える化」についてお伝えします!

有難い人生

「ありがとう」って言葉、言われると何となくうれしいですよね!でも、ギスギスした職場では、あまりこの「ありがとう」という言葉は使われていないようです。今回は「ありがとう」という言葉についてお伝えします!

2018年版「中小企業白書」を個人的視点で要約してみた!

2018年版中小企業白書が公開となりました!以前の記事、「2017年版中小企業白書を個人的視点で要約してみた!」に続きまして、今回は2018年版中小企業白書を個人的視点で要約してみました。お時間のない方、また女性や学生の方などでも理解しやすいように簡易的内容に要約しましたので、ご参考にしていただけましたら幸いです。

磨き合い、高め合う。

ベンチャー企業が狙うべきニッチな市場。ニッチな市場であるが故、なかなか市場が拡大しないことが多々あります。マーケットリーダー企業自らの成長不足も一つの要因かもしれません。しかし、ニッチな市場を拡大させ、かつ、自らの成長を促す方法があるものです。今回はあるヒーロー、そしてその出演する若き俳優陣、さらにはその原作者から学んでみたいと思います!

やってみなはれ

「ワンマン経営」はご存知でしょうか。社長1人が他の社員など周りの意見を聞かず、独裁的な経営を行うことですね。独裁的な経営を行っていること自体、自覚がないケースもあります。でも、一概にはすべてを否定することはできません。メリットもデメリットもそれぞれ存在しています。今回はトップダウン経営とボトムアップ経営についてお伝えします!

マイナスをプラスに。

マネージャーにとってトラブル報告書は見たくないものの一つかもしれません。なかには怒鳴り散らすマネージャーもいらっしゃるかもしれません。クレームもそうです。特にクレーマーからの「ご意見」は頭が痛いものではないでしょうか。今回はトラブルやクレームに対する考え方についてお伝えします!

地球はおれの遊園地だ!

起業、創業はある意味、冒険かもしれません。慎重に準備を重ね、一歩を踏み出す。一歩一歩をしっかりと踏みしめ、ただひたすら上り詰めていく。必要ならスポンサーを求め歩く。 リスクを背負い、人生をかける。ベンチャー企業の起業家は冒険家と近いように思います。今回は登山家、冒険家から元気になれる言葉を拾ってみました!

2017年版「中小企業白書」を個人的視点で要約してみた!

ベンチャーは中小企業?そうです。ベンチャー企業も、その多くは中小企業です。日本の企業の大半は中小企業が担っています。中小企業の現状が、日本の経済を映し出す、そういっても過言ではないでしょう。中小企業、今の最大の課題とは?今回は中小企業白書2017年度版を振り返ってみました!