column | 2,000社以上訪問!東証一部上場ベンチャーキャピタリストの熱い想い!

column一覧

ニュースやコラム、新技術や新サービス、ビジネスノウハウなどをわかりやすく解説!

ダム式経営とは?!~貯蓄と投資の考え方~

貯蓄と投資、どちらが良いのでしょうか?以前、日本は貯蓄大国でした。いつのころからか、日本の貯蓄率は先進国最低水準。投資時代真っ盛り、とも言えるのかもしれません。今回は貯蓄、投資に関する考え方についてお伝えします!

どの企業よりも、多くの個性を生かし切る

人材不足が本格化。注目されているダイバーシティ(多様化)経営は本当に組織を強くするものでしょうか。トラブル増加、組織力低下、一体感欠如、などデメリットも多く聞かれます。しかし、多くのメリットもある、それがダイバーシティ(多様性)かもしれません。今回はダイバーシティ経営の中でも障害者雇用に焦点を当ててみました。

ベンチャーキャピタリストは決算書類のどこを見るのか

ベンチャーキャピタリストは、ベンチャー企業の決算書類のどこを一番重視しているのでしょうか。貸借対照表(BS)、損益計算書(PL)など、会社を数値化する決算書類。様々な項目が並んでいますが、その中でもベンチャーキャピタリストが最も重視する項目についてお伝えします!

アブナイ会社の見極め方!

新規取引で会社を見分ける「目利き」は重要ではないでしょうか?倒産リスクや反社会・ブラック企業との取引リスクもありえます。2,000社以上訪問したベンチャーキャピタリストが、訪問前・訪問時に気を付けた見極めポイントについてお伝えします!

倒産は怖くはない!

倒産したら自殺するしかない・・・。起業家、ベンチャー企業経営者にとって倒産は最悪の事態の象徴とも言うべき言葉かもしれません。そもそも倒産とはどのようなものでしょうか。今回は「倒産」にスポットを当ててみました!

強い「信念」と柔軟な「変化」

たった4人の会社から10万人企業に成長させた、現役の偉人、永守重信氏。「すぐやる、必ずやる、できるまでやる」といった熱意ある言葉が有名ですが、実は多くの変化を柔軟に受け入れてきたことはご存知でしょうか。今回は日本を代表する日本電産を創り上げた、永守重信氏の成功の秘訣についてお伝えします!

教養ある、英知ある道徳的人格者「人間」

ブラック企業の代名詞「パワハラ」。過労死問題も加わり、社会問題として大きく取り上げられてきました。しかし、この「パワハラ」に代わって台頭してきたのが「モラハラ」。今回は「モラハラ」、そしてその背景にある「いじめ」という人間としての本質についてお伝えします!