糖尿病、予備軍含めて2,000万人時代!!企業収益に直結する「健康経営」とは!?

糖尿病、予備軍含めて2,000万人時代。糖尿病と疑われている40代男性の半数は放置しているそうです。失明や足切断、透析治療の可能性のある恐ろしい病気です。糖尿病だけではありません。うつ病などメンタル不調者も急増。国内で500万人が予備軍だと言われており、職場では3人に1人は配慮が必要だと言われています。今回は企業の根幹、社員の健康と企業収益の関係、そして「健康経営」についてお伝えします!

リーダーとは「希望を配る人」のことだ!

「何やっているんだ!この成績のままだと他の部署に異動だ!」強面の上司から厳しい声が聞こえてきます。「ブラック企業」と言われている組織ではよくある場面かもしれません。しかし、昨今、リーダーとは何か、マネジメントとは何か、本格的に語られることも多くなってきました。今回はリーダーシップとは何かについてお伝えします!

【BtoB営業ノウハウ保存版!】名もないベンチャー企業が1億円の受注を得る方法とは?!

名もないベンチャー企業が1億円の受注を得る方法とは?!ゼロから出発する、BtoB営業ノウハウ保存版です!「新規顧客開拓準備編・実践編」「初回訪問準備編・当日編」「二次訪問以降のアプローチ方法」「クロージング」に至るまで、各プロセス毎に、具体的な方法を解説。ベンチャー企業の成長を確実にする、その営業とは?!

目の前に立ちはだかるトラブルは、私の栄養でしかない!!

「世の中に失敗というものはない。チャレンジしているうちは失敗はない。あきらめた時が失敗である」これは稲盛和夫氏の言葉です。新しいことに挑戦する人にとって、失敗したくないものです。しかし、誰もが順風満帆に成功することはありません。多くの偉人や成功者はかならず多くの失敗や挫折を味わっています。今回は新しいことに挑戦する人へ熱くするメッセージをお伝えします!

道徳を忘れた経済は「罪悪」、経済を忘れた道徳は「寝言」である。

500社以上立ち上げた明治の天才起業家、渋沢栄一氏。日本の資本主義経済の父とも言われています。JR、東京ガス、みずほ銀行、東京証券取引所、清水建設など名だたる企業、事業を立ち上げていますが、日本の社会起業家、ソーシャルベンチャーの元祖でもありました。今回は経済と道徳の融合についてお伝えします!

この世に生を受けたこと、それ自体が最大のチャンスではないか!【中小企業白書から見えるチャレンジ精神】

中小企業白書の正式名称は「中小企業の動向及び政府が中小企業に関して講じた施策に関する報告」。中小企業の動向、課題、中小企業施策などから構成され、日本の中小企業、ベンチャー企業の現状、そしてその課題が浮き彫りになります。今回はその課題とは何か、そしてそのためには何が必要なのか、解説いたします。

ありがとう!ありがとう!!ありがとう!!!「感動経営」とは?

新しいことを始めることは非常に難しいものです。それが起業や創業する場合、特に多くの人の協力が必要です。社員や取引先、そして顧客、多くの方々にその想いを伝え、共感していただくことは、何より重要であると思います。今回は「感動経営」についてお伝えします!