創業一覧

この乱れた世の中に清廉の花を咲かす

金がすべて!金があれば、何でも手に入る!そんな風潮があるのは、ご存知の通りです。でも、明治から昭和初期、そうではない大人物が日本には多かった、そう言えるのかもしれません。今回は明治から昭和初期にかけて、あらゆる規制に立ち向かった人物、その信念や考え方についてお伝えします!

敢えて空気を読まない「忖度」

「空気を読め!、KYな奴だな!」こんな言葉、聞いたことありませんか?空気を読み、相手の意向を感じ取る能力は、非常に重要な能力の一つかもしれません。「忖度」大国日本。今回は「忖度」についてお伝えします!

「効率化」「仕組み化」を促すIT化、その最大の効用とは?!

立ち上げたベンチャー企業が成長しない?!規模が大きくならない?!なぜ?!このようなベンチャー企業は後を絶ちません。例え、優れた創業者が持ち前のバイタリティーで立ち上がりが無事成功しても、「次の段階」で成長しない、というベンチャー企業が多いのもまた事実です。今回は「IT化」の効用、メリットについてお伝えします。

創業者の想い、それは、企業そのものを映し出す

あらゆる組織は、そこに立ち上げた創業者の「強い想い」があるものではないでしょうか。その「想い」が、今の組織を創り上げている、過言ではないかもしれません。今回は、中小企業、ベンチャー企業を支える「経営コンサルティング会社」、株式公開3社にスポットを当ててみたいと思います!

2017年版「中小企業白書」を個人的視点で要約してみた!

ベンチャーは中小企業?そうです。ベンチャー企業も、その多くは中小企業です。日本の企業の大半は中小企業が担っています。中小企業の現状が、日本の経済を映し出す、そういっても過言ではないでしょう。中小企業、今の最大の課題とは?今回は中小企業白書2017年度版を振り返ってみました!

年齢や性別は関係ありません。人の数だけ、事業の数があるのではないでしょうか。

ベンチャーキャピタリストの視点から見た優良ベンチャー企業とは!成功したベンチャー企業から見た、優良ベンチャー企業を一部ご紹介いたします。最近は学生起業家、女性起業家、定年退職した方の起業なども増えています。今回はベンチャーキャピタリストの視点から見た、ベンチャー企業の成功例などをご紹介いたします!

この世に生を受けたこと、それ自体が最大のチャンスではないか!【中小企業白書から見えるチャレンジ精神】

中小企業白書の正式名称は「中小企業の動向及び政府が中小企業に関して講じた施策に関する報告」。中小企業の動向、課題、中小企業施策などから構成され、日本の中小企業、ベンチャー企業の現状、そしてその課題が浮き彫りになります。今回はその課題とは何か、そしてそのためには何が必要なのか、解説いたします。

ありがとう!ありがとう!!ありがとう!!!「感動経営」とは?

新しいことを始めることは非常に難しいものです。それが起業や創業する場合、特に多くの人の協力が必要です。社員や取引先、そして顧客、多くの方々にその想いを伝え、共感していただくことは、何より重要であると思います。今回は「感動経営」についてお伝えします!