ベンチャー | 2,000社以上訪問!東証一部上場ベンチャーキャピタリストの熱い想い!

ベンチャー一覧

ベンチャーキャピタリストは決算書類のどこを見るのか

ベンチャーキャピタリストは、ベンチャー企業の決算書類のどこを一番重視しているのでしょうか。貸借対照表(BS)、損益計算書(PL)など、会社を数値化する決算書類。様々な項目が並んでいますが、その中でもベンチャーキャピタリストが最も重視する項目についてお伝えします!

アブナイ会社の見極め方!

新規取引で会社を見分ける「目利き」は重要ではないでしょうか?倒産リスクや反社会・ブラック企業との取引リスクもありえます。2,000社以上訪問したベンチャーキャピタリストが、訪問前・訪問時に気を付けた見極めポイントについてお伝えします!

倒産は怖くはない!

倒産したら自殺するしかない・・・。起業家、ベンチャー企業経営者にとって倒産は最悪の事態の象徴とも言うべき言葉かもしれません。そもそも倒産とはどのようなものでしょうか。今回は「倒産」にスポットを当ててみました!

強い「信念」と柔軟な「変化」

たった4人の会社から10万人企業に成長させた、現役の偉人、永守重信氏。「すぐやる、必ずやる、できるまでやる」といった熱意ある言葉が有名ですが、実は多くの変化を柔軟に受け入れてきたことはご存知でしょうか。今回は日本を代表する日本電産を創り上げた、永守重信氏の成功の秘訣についてお伝えします!

この乱れた世の中に清廉の花を咲かす

金がすべて!金があれば、何でも手に入る!そんな風潮があるのは、ご存知の通りです。でも、明治から昭和初期、そうではない大人物が日本には多かった、そう言えるのかもしれません。今回は明治から昭和初期にかけて、あらゆる規制に立ち向かった人物、その信念や考え方についてお伝えします!

敢えて空気を読まない「忖度」

「空気を読め!、KYな奴だな!」こんな言葉、聞いたことありませんか?空気を読み、相手の意向を感じ取る能力は、非常に重要な能力の一つかもしれません。「忖度」大国日本。今回は「忖度」についてお伝えします!

「効率化」「仕組み化」を促すIT化、その最大の効用とは?!

立ち上げたベンチャー企業が成長しない?!規模が大きくならない?!なぜ?!このようなベンチャー企業は後を絶ちません。例え、優れた創業者が持ち前のバイタリティーで立ち上がりが無事成功しても、「次の段階」で成長しない、というベンチャー企業が多いのもまた事実です。今回は「IT化」の効用、メリットについてお伝えします。

創業者の想い、それは、企業そのものを映し出す

あらゆる組織は、そこに立ち上げた創業者の「強い想い」があるものではないでしょうか。その「想い」が、今の組織を創り上げている、過言ではないかもしれません。今回は、中小企業、ベンチャー企業を支える「経営コンサルティング会社」、株式公開3社にスポットを当ててみたいと思います!

やってみなはれ

「ワンマン経営」はご存知でしょうか。社長1人が他の社員など周りの意見を聞かず、独裁的な経営を行うことですね。独裁的な経営を行っていること自体、自覚がないケースもあります。でも、一概にはすべてを否定することはできません。メリットもデメリットもそれぞれ存在しています。今回はトップダウン経営とボトムアップ経営についてお伝えします!